イベント

【終了しました】[4.30.sat 10:30-]夢を現実にするための資金調達! 創業融資セミナー

独立・起業を考えているすべての方へ!

d7f6db8b702c2b79f34bd3bbcc2ab126_s

起業のネタは考えた、勝算もある、○○にオフィスを構えたい…。

でも、お金のことが心配で、一歩を踏み出すことに躊躇してしまう。。

夢を現実にするためには、どうしてもお金がかかります。
潤沢に資金があれば問題ないのですが、誰もがそういうわけではないでしょう。

資金が溜まったら起業するという考えは、とても素晴らしい事です。しかしながら、そうこうしている間に時間ばっかりが経ってしまい、チャンスを逃したり、熱が冷めてしまったり、回りの環境が変わってしまったりで、結局は起業できずに終わってしまうことも大いにあることです。

そんな時、起業準備の一環として、“資金調達をする=融資を受ける”という考えは、とても堅実で、なおかつ現実的な考えといっていいでしょう。

資金調達というと、すぐに思い浮かぶのが銀行から借りるというもの。

しかしながら、銀行がこれから商売を始める人にお金は貸してくれない…というのはご存知でしたか?

● 銀行以外にどんなところから借りられるの?
● 創業にはどれくらい貯金しておくべき?
● 借りる側が心得ておくべきポイントって?

…など、意外と知らない創業時の資金調達の知識。
起業した後も、やるべきことは他にいろいろあり、思った以上にお金は出ていきます。

開業準備資金の他にも運転資金をきちんと用意してからスタートを切らないと、すぐに事業が終わりを迎えてしまいます。
「起業」を「軌道」に乗せるまでは、多かれ少なかれ時間がかかります。
その間に資金が底をついては、もはや事業を続けることは不可能です。

それから融資を受けようと思っても、金融機関は貸してくれるでしょうか?

答えは…

NOです。

 

創業時に融資を受けることは、決してマイナスなことではありません!

これから、独立・起業をお考えの方、
将来独立をしようかなと、なんとなく思っている方、
成功して事業を軌道に乗せるためのステップを、知っておいて損はありません!
本セミナーでは起業するにあたり、しっかりとした資金計画を立て、少しでも早く事業を軌道に乗せるための資金調達方法について、創業計画書の書き方のポイントなどをお伝えします。
講師を務めるのは、財務省(旧大蔵省)から法律事務所、そして専業主婦となり双子の子育てをしながらパートも務め、子どもたちの成長を機に独立開業した行政書士、諸井佳子さん。

諸井さんプロフ写真

自らの経験をもとに、独立・開業をするメリット、家庭と仕事の現実、失敗談なども含めて伝え、独立起業や女性の仕事への再チャレンジ支援を行っています。
今までの自分を活かして、いかに収入に結び付けるか…、
趣味でやっていて、収入に持っていきたいがどうしたらいいかわからない…、そんな悩みをお抱えの方も、是非お越しください。
≪講師プロフィール≫

諸井 佳子 ( 行政書士諸井佳子事務所 代表 )

財務省(旧大蔵省)大臣官房秘書課・国際金融局国際機構課に8年勤務、その後5年間の法律事務所勤務の後、結婚し専業主婦へ。
平成10年度行政書士試験に合格するも、双子の子育て中心の生活スタイルを崩さず。
子どもたちの中学入学を機に、独立開業を決意。自身の経験から、起業及び女性の仕事への再チャレンジ支援を業務とし、セミナーなどを開催している。

【業務案内】
当事務所は、法人設立(株式、一般社団、NPO)、創業融資、運送業・建設業等許認可申請及びコンサルティング、起業支援を主な業務としています。

【事務所HP】http://kigyo.office-moroi.com/
≪セミナー概要≫

日時:2016年4月30日(土)10:30~12:00

料金:2,000円(コーヒー・紅茶フリードリンク付)当日受付現金払い

定員:8名

申込方法:川岸倉庫問い合わせページより題名「4/30創業融資セミナー」として

1、お名前
2、連絡先アドレス
3、緊急連絡先電話番号

を記載して、お申込みください。
川岸倉庫より2営業日以内にご返信いたします。
万が一返信が無い場合、何らかの理由でメッセージが届いていない可能性もありますので、お手数ですが、お電話にてお問い合わせください。(070-2172-3720)

 

当日お車でお越しの方は先着4台まで、1h/100円でご利用できます。

満車の際は恐れ入りますが近くのコインパーキングをご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る