ブースメンバー紹介

私たちと共に、川岸倉庫を盛り上げてくれているブース会員の方々をご紹介します。

 

清水 哲雄  様
株式会社ペルケオ 代表取締役社長
http://perkeo.jp/

perkeo

業務・事業内容は?

ECサイトやCMSなどWebアプリケーションを中心に、様々なシステムの企画設計や開発、運用のサポートまで行っています。

 

戸田市にはいつごろから?

戸田市には10年以上住んでいて、車が好きで、駐車場を廉価で借りられる場所を探していて戸田市居住を決めました。愛車は「レガシー」で、根っからの「SUBARIST(スバリスト:スバル製の車をこよなく愛する人達)」です(笑)

仕事のスタイルについて

川岸倉庫に来る前は3年間ほど自宅で仕事をしていたのですが、メリハリをつけたくて自宅の近くで仕事ができる場所を探していたところ、オープン前の川岸倉庫を見つけて、内部の空間を見てすぐに入居を決めたんです。
川岸倉庫で受けた仕事は、他のブース会員の方とシェアしたり、場合によってはクライアントさんを紹介したりすることもありましたね。

数年前に戸田市内にマンションを購入しました。オフィスが家の近くであれば、何かあればすぐ帰ることができるし、最近息子が生まれて家族も増え、職住近接の生活を楽しんでいます。

将来について

将来は戸田市地域に貢献できるようなサービスを、自社で開発し提供していきたいと思っています。

>㈱ペルケオ様には川岸倉庫を運営する㈱オーガニックデザインのホームページを制作頂きました。


狩野 祐司 様
グッドシグナル 代表
http://www.good-signal.com/
%e7%8b%a9%e9%87%8e%e3%81%95%e3%82%93%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e5%86%99%e7%9c%9fgoodsignal_logo_color

業務・事業内容は?

広告印刷物業界にて22年間勤めた後、独立しました。
主に紙媒体を中心にしたグラフィックデザインをしています。

 

独立したキッカケは?

妻と娘の3人暮らしで、娘は中学生ですが、前から独立することを伝え理解してもらいました。

最初は都内でシェアオフィスを探していました。けれども会社員時代とは違って、生活自体もデザインしなおして「職住近接」を考えたいなと。

ふと家がある埼玉県にシェアオフィスがあるかなと思って検索したら「川岸倉庫」の名前が出てきたんです。

 

川岸倉庫を選んだ理由は?

川岸倉庫は独立する際に大切な「コミュニケーション」や「交流・人脈」が広がりそうなコンセプトだと感じて入居を決めました。

川岸倉庫がある「戸田公園駅」は埼京線沿線で東京へのアクセスも良いし、会社員時代に比べて通勤時間が往復で1時間も浮きました。都内に通わないことが、こんなにも楽だとは思わなかったですね。

 

将来の目標

将来的には法人化して、自分自身の経験を活かし若手デザイナーの後進育成をしたいと思っています。

>グッドシグナル様には川岸倉庫のチラシを制作頂きました。


 

くのむらきかく様
http://kunomurakikaku.doorblog.jp/
%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%82%b3 %e3%81%8f%e3%81%ae%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%8d%e3%81%8b%e3%81%8f%ef%bc%88%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%ef%bc%89

活動・事業内容は?

親子向けワークショップを企画・開催しています。オリジナルのビニール傘を作ったり、タオルで草履を作ったり、スノードームを作ったりして、ものづくりを通して親子で過ごす時間の楽しさや思い出を持ち帰ってもらうことを目指しています。

 

川岸倉庫を選んだ理由は?

「くのむらきかく」として始めて4年が経とうとしているのですが、そろそろ活動拠点の「住所」があったほうがいいなと思っていました。それに、作業が出来て材料がおける場所、ワークショップができる場所がないかなぁと思っていたら、Facebookにポンって出てきたんです、川岸倉庫が(笑)出身が埼玉県のため馴染みがあったので、埼玉もいいかなぁと。
埼玉の良さは何もないところ…、いや、都内へのアクセスもいいけど程よい田舎ってところという点ですね。

 

今後の目標について聞かせてください。

これまでは土曜日中心で行っていたワークショップですが、今後は少しずつ平日の開催も始めていきます。場所にとらわれず様々な場所にも出張し、親子のお出かけ候補を増やすことができればと思っています。


近藤 健太郎 様
QlipiX(クライピックス)

kondo_sanQlipixロゴ

活動・事業内容は?

バスケットボール雑誌「FLY MAGAZINE」のフォトグラファーとして、新しく始まったバスケットボールリーグ「Bリーグ」の開幕戦、オールスターなど主要な試合を撮影しています。

 

現在の事業に関わることになったキッカケは?

中学、高校、大学、クラブチーム…とずっとバスケットボール選手として活動してきました。プレイヤーとしてのキャリアを終えようと思っていた矢先のこと。自分と関係が深い先輩がバスケ雑誌を作ると聞き、写真の撮影を買って出たんです。もちろん、フォトグラファーとしての経験なんてナシ。それでも、仕事とまでは行かないが、プレイヤーではないカタチで今までやってたバスケに関わることができるならばと。そして、もっと日本のバスケをカッコ良くしたいと思ったんです。自分の身近に起きたチャンスを確実に取りにいきました。

 

川岸倉庫を選んだ理由は?

家も以前の職場も戸田だったので、まずは住まいが近い場所で働きたいと思ったからです。
フリーランスになる前の職場も、比較的どこでも作業が出来る環境だったので、ドロップイン(一時利用)で何度か川岸倉庫を利用していました。オシャレな環境も決め手の一つですね。

 

今後の目標や夢を教えてください

まずは、バスケをカッコ良く見せていく、ということです。
Hoopers」というストリートバスケのリーグで自分が個人的に成長した分、日本のバスケが盛り上がったという自負はあります。
バスケは今でこそメジャーになりつつあるけど、海外に比べればまだまだ。
アメリカのNBAに近づけるように、自分は「写真」でもっともっと表現したいと思っています。自分の得意分野で。
フォトグラファーとしてバスケ雑誌に関わるなんて二度と無いチャンス。

バスケを自分たちの世界で追求出来る。もっとファッショナブルにしていきたいです。
出る杭は打たれる…と良く言うけれど、自分は「打たれたことに気づかない」…タイプなので(笑)


川島 庸 様
アトリエ実験室 DECOぼこミチ
http://ameblo.jp/0ykawashim/

kawashimasan_hoseiロゴ(白黒)_decoぼこミチ

活動・事業内容について教えてください

発達が気になる親御さん向けに身体を使ったコミュニケーションワークショップを行っています。
臨床美術士の資格を得る予定で、発達障害の方や生き辛さを抱える方々、支援者向けに出張造形教室を行う予定です。
からだ、脳の発達の基礎となる原始反射のコーチングをもとに、個人の表現活動をよりスムーズにできるような環境や場づくりをしていきます。

 

活動のキッカケは?

自身の子どもが障害を持っているのが直接的な理由ですが、息子がお世話になっていた療育園などの施設の子たちに触れる機会がある度に、自分の感じていたことや経験を他の子どもたちにも活かせるのではないかと思ったんです。
もともと芝居をやっていたこともあり、身体を使うこと、表現することそしてアートが好きでした。
自分であれば発達障害の方々に他のアプローチができるのではと思っていますし、子育てする妻を含めたママさんたちの苦労にも寄り添っていきたいです。

 

川岸倉庫をなぜ拠点にされたのでしょうか?

もちろん、まず自宅が近い!ということですね。
そして創作・イマジネーションが考えやすい環境で、この場所であれば私のお客さま自身もイマジネーションが出来る空間だなと思ったからです。
お客さまそれぞれが悩みを持っているなかで、ここならリラックスして話が出来る。
場所自体がクリエイティブなので、アート活動をするには適しているなと。

 

今後の展開や目標を教えてください。

2020年度には遊びや表現活動を通じた就労支援施設をつくりたいと思っています。
場所は住まいのある戸田で。そして、障がい者の雇用をつくりたい。
今の産業枠にとらわれず、手探りしながら目標に向かっていきます。


上原秀教 様
株式会社レグリンク

under construction


平山 俊 様

UNI法務行政書士事務所
UNI LOGO

under construction


川岸倉庫ではブース会員の方々の発展性や、地域の人々とのつながりを生み出すべく、スタッフがここを訪れる方々を積極的に会員の方々に紹介し、ビジネスチャンスを作って頂いています。

時には川岸倉庫から、ブース会員に仕事を依頼することもあったり、ブースメンバー同士で協力して仕事をしていることもあったり、1人独立では成し得ない進展を遂げている方もいます。

ここでは、それぞれ別の会社で、別の事業を行っていますが、皆同じ会社の人のように接しています。時には食事を共にし、ティータイムでは仕事の相談なども。分野が違うからこその相乗効果があります。

最近では定期的な川岸倉庫メンバー飲み会「川岸倉庫営業戦略会議」という飲みながら皆さんの営業方法を話し合い、他社からのアドバイス、一緒にコラボレーションできないか?などの可能性を模索する飲み会議を開いています。

あなたも、「共に働く」川岸倉庫のブースメンバーになりませんか?
※現在は満室です。(17年2月現在) シェアブースご希望の方は空きが出次第、ご連絡致します。
↓↓
シェアブース会員の詳細はコチラ

ページ上部へ戻る